【27式02】現象化への入場券 1~7説 まとめ
Sponsored Link
1: 27です :2015/09/13(日) 01:21:19 ID:xj1BcAVw0

●御挨拶

「なるスレ8」の27です。
上記スレにカキコミさせて貰いましたが、「コレ別だろ?」と思い、新スレ「入場券」にしました。

「エゴをどうにかできれば、邪魔が無いので、何でもできるでしょ?」と思い、
「エゴ対処」に重点を置き、気付けば、メソッドジプシー。
長い時間を経て、何とか、結果らしきモノを現象化、27, 37 などにカキコミ、反応良しで調子付く。

その後、ジプシーで得た、達人達の発言が、段々繋がる感触アリ。
途中、質問を受けるが、「お金」で、メゲる。
されど、掘り返し、「繋がる」感触を得て、「今ここ」に至る。

2: 27です :2015/09/13(日) 01:22:02 ID:xj1BcAVw0

●特徴

人一倍、理屈屋である私が、私自身を納得させる為
作成したので、通常の人からも理解可能と思われます。 
また、前回のカキコミ 27 37 の「エゴ対処」より強力。根本から違う。
1説から7説の構造です。


●効能  下記が期待できるかも

1、コレ、チケットの7章?と思える
2、エゴは居るけど、恐くない。敵がいなくなった
3、充実感、満足感がスゴイ
4、この「発想」は、他メソッドの下地になり得る
5、今の心身状態
 猫好きなのだが、マッタリした猫をマッタリ撫でている時の、湧き出てくる感情に近い。昨日辺りから今尚継続。
 特に何も見ていなくても、ずっと湧き出てくる具合。そんな気分に酔っている。
6、試しに嫌な感情・出来事を思い返すと、確かにイラッとするが継続せず、「快」に戻る。


●備考

とにかく「湧き上がってきた事」を頑張って書き留め、忘れないように文書化。
シェアして、足りない箇所があれば、補完したい、で大至急作成。
よって、文書の整合性、学術的な事で、???があるかもですが、寛大に見て下さい。

3: 27です :2015/09/13(日) 01:22:37 ID:xj1BcAVw0

●1説 エゴの見直し (ここでは、エゴ=顕在意識)

現象化がうまく行かない理由として、
「エゴが暴れているから」、「エゴが”在る”を見せなくしている」など、
エゴは何かと悪役・原因とされている事が多いです。
そこで、エゴを見直してみます。
 
脳には、大脳旧皮質と大脳新皮質があり、旧皮質を新皮質が、包み込む具合です。
また、旧皮質は潜在意識(本能)、新皮質は顕在意識(理性)を担当。
視点を変えてみれば、潜在意識を顕在意識で、包み込む具合です。

一方、ヒトは本能に従って生きていますが、社会を営むので、本能のみで生きる事は確実に不可能です。
「自分のカラダを維持する・種を残す」との「本能的な活動」を行いながら、
「他者との関わり・社会での行動目的の設定など」の「社会的・理性的な活動」をしています。
ここで、顕在意識、理性を担当する新皮質は、その生物の社会性に応じて進化していく訳です。

さて、「新・旧皮質の関わり」ですが、新皮質(理性)が、旧皮質(本能)の願望を、
「できるだけ100%発揮・達成できる」事を実行しているようです。
よって、エゴ(顕在意識・新皮質・理性)は、本能的な「願望」(潜在意識)を達成を目的とした「道具」って事です。
「本能的な願望」を100%実現する為に、他者との比較、分析、分離を、自動的に頑張っている訳です。

(尚、一般書籍では、「潜在意識が道具」としていますが、場合による、と思われます)

4: 27です :2015/09/13(日) 01:23:18 ID:xj1BcAVw0

●2説 脳からみた願望実現
 
自我=エゴ、その「芽」は、潜在意識から発現したようです。
確かに、エゴ(顕在意識)は、上述の通り、「潜在意識=本能」の目標実現の「道具」であるので納得です。
次に、その「芽」は、幼少期に周囲の状況・環境に影響を受けて、特有の形に成長します。
御存知の通り、この過程で、固定観念など、身につき、自我が完成。勿論良くも悪くもその都度成長します。

やがて、自我は、その本人の行動・思考パターンの基礎となります。
そして、物心がついて、小学生の前後から「他者との違い・分離」が発達、ストレスがたくさん発症。

このストレスはとても不快なので、それを避ける為に「他者との比較」をフル動員しながら
「学習」を実行、その結果を「潜在意識に刷り込む」を何度も行います。
「パブロフの犬」ですね。

また、ここらへんで「トラウマ」が形成され始めるようです。
勿論、「人生の目標」を早くに持ち得た場合なら、イイ意味での「刷り込み」もあります。
そんな具合で、気付けば、イイ大人になり「エゴが~」って騒ぐに至っています。

さて、生まれ落ちてから今に至るまで、自我=エゴ(顕在意識)は、
良くも悪くも成長、今尚、頑張ってくれてます。
一方、潜在意識は、本人の成長過程でいろんな「刷り込み」があり、
場合によっては「これ、トラウマあるよ」って具合で、自我が悲観にくれる事もあります。

しかし、そのような状況でも「願望に気付く」事ができた訳です。

「この願望は自分で創った」ではなく、意識世界、潜在意識、別の領域に「既に在る」から、
その「願望」の存在を「認識できた」、「気付いた」訳です。
つまり、どのような回り道をしても、エゴが疑っても、「在る」事に変わりは無い、と断言できる。
後は、数多く存在する「在る」から、「願望」を選び、「受取る」だけ、なんですね。


5: 27です :2015/09/13(日) 01:23:56 ID:xj1BcAVw0

●3説 この世は一体ナニ?   

潜在意識の目的

「在る」の強調として「二元論」を。
尚、「なるスレ 7 719 サマ」が秀逸でしたが、ここでは、別な表現をします。

意識世界・潜在意識世界・別な領域では、「在る」のみで存在し得るようですが、
我々が住む、物質世界・顕在意識世界では、「在る・無い」の形式でしか存在できないようです。
これは、「味わう為、体感する為」など、云われています。
確かに「在る」だけでは、その良さに気付けず、無関心になりがちです。

例えば、五体満足から、突然、手足が無くなったら・・・その時にやっと気付ける訳です。
ここで、上記例で云えば、「手足がどれ程重要であったか?気付きはできる」が、
「在ったモノが無くなる」になってしまい、非常にマズイです。

一方、上記とは逆に「在る」モノを、「無い」と思わせて、たっぷりジラしてから「受取る」をさせれば、
「味わう、体感」をより濃厚に「気付かせる」事ができます。宝探しですね。

この為にこそ、我々の住む物質世界は、「二元論を採用」していると思われます。

6: 27です :2015/09/13(日) 01:24:27 ID:xj1BcAVw0

●4説 ブッ飛んだ話

それでは、「二元論を採用」とは「誰がやったのか?」についてですが、
それは、宇宙=潜在意識と思われます。

よく「宇宙の目的」=「宇宙自身を知る為」と云われています。
その宇宙=潜在意識が、効率良く、自分を知る為に、
ヒト(分離された宇宙=潜在意識)を生成、自我を与え、分業制度・作業の並列化を図った。

そして、「受取る」つまり「願望」達成の過程で、
「無い」との誤解・動揺などのストレスを、「他者との分離」によるストレス、トラウマなどを、
様々な「刺激」を適度に与えて、「反射」的に生み出される「反応」、つまり
「どのように味わうか、体感するか?」、「どのような感情を得るか?」などを収集して
データベースを作成。

それにより、「自分を知る」、更には「何らかの自己進化」を目的・意図としている思われます。
また「ヒトには宇宙がある」、「脳の神経細胞が宇宙に似ている」、コレ、納得ですね。

よって、「この世」は、宇宙による実験室、シミュレーションであり、
ヒトは、宇宙でもあり情報収集端末である、と云えるようです。
尚、宇宙=神もアリかも。よく「人は神が分化したモノ」とも云いますね。

ここまで来ると、「それではヒトには、自由意志は無いのか?」、「予定調和?」となりますが、
上述の通り、 自我(自由意志=顕在意識)は、潜在意識から「発芽」しており、
潜在意識の目的達成の「道具」である事を考慮すると、納得いくようです。

また、「それでは、未来も確定しているのか?」となりますが、それはイエスと思われます。
但し、「未来は1つ」ではなく、「確定されたパターンが何通りも存在」、
「その全パターンが作成済み」であり、まさに「既に在る」具合です。

(「映画は全て撮り終えている」と達人まとめ、もありました。多分、この事と思われます。)

また「ジュースを飲むか? タバコを吸うか?」の選択する「自我=意思」も「既に在る」で、
その「選択した結果、発生する未来」も「既に在る」ようです。「在る」から「現象化」し得たようです。
全て「折込済み」って事ですね。
 
尚、上述の「自由意志の有無」は、憶測も含みますので、ツッコミは御容赦を。
また「この有無」は、どちらでも問題無く、「このカキコミ」に影響するモノではありません。
「在る」を強調する為に、敢えて記述した具合です。

7: 27です :2015/09/13(日) 01:25:17 ID:xj1BcAVw0

●5説 「私」の居場所   やっと帰れる

「私」は、本来は、宇宙=集合無意識=潜在意識で、意識世界に、
「私=個」などでなく「全体」として「在る」だけのモノでした。

しかし、何を思ったか、宇宙=潜在意識が、「自分を知りたい」と思った訳で、「知る」作業の為に、
潜在意識から分離され、カラダ=ヒトと云う乗り物・作業端末をあてがわれてた。
そして、「現実世界=物質世界=顕在意識世界」たる、広大な実験場へ送り込まれた。

「宇宙の目的」は、「刺激」による「反応」収集。
どうやら、その情報によって「自分」を知ると思っているようだ。当然ながら、それはヒトには教えない。
さて、ある程度、カラダが大きくなり、物心がついたら、自我=エゴが発芽、オマケでトラウマも。

そして、「宇宙の目的」スタート。
エゴが「私」と一体化・乗っ取りして大暴れ、情報収集は快適に捗る。

「私」は、とにかく逃げたい、って事で、「今(今ここの意味)」を離れて、過去・未来へ。
しかし、逃げたはいいが、カラダは「今」に置いたまま。つまり、「心ここに在らず」。
こんな状態では、「現実世界」は良くならない。仕事も人間関係も。気付けば、カラダも弱り病気がち。

さて、こんな状況でも「私」達は、気付いた。「エゴを何とか対処しよう」

上述の通り、「エゴ=顕在意識」は、「宇宙=潜在意識」の願望達成の「道具」です。
しかし、その「道具=エゴ」が、手が付けられない状況なので、
「私」が、カラダ・「今」から逃げる事が多いです。

ここで、冷静に考えてみれば、
「私」が「主」なので、「道具=エゴ」が頑張っている姿を、距離を置いて、眺めていればイイだけなんです。
エゴに対する「受け方」「向き合い方」を変更するだけです。

その方法は、
「私」がカラダと一致して、「今ここに在る」で、「エゴを客観視する」ですね。(★A★)

コレって「今今メソッド」ですね。

ここで、下記2点を意識します。

:「私」を恐がらせる、動揺させる出来事は、目の前の「特定の人物」によるものではなく、
  「宇宙」による情報収集の「刺激」、シミュレーションである事。

:上述の「エゴ=顕在意識」は「道具」であり、頑張ってくれている事。


A;嫌な事があった場合
「現象化」した以上は、「いつの日かの願望」が叶っただけ、と思われます。


例;上司にイヤミを云われた

1、現象化の理由
多分、以前見たドラマなどで、感情移入でもした結果、「意図」として発信された、と思われる。
「意図」は望む事をしましょう。
人によっては、悲劇のヒロイン、ヒーローを勝手に望んでいる事もあるようです。
それが「意図」されていれば、それなりの「現象化」も起こります。
今一度、ブレインダンプなどで、「本当の願望」を見直してみましょう。


2、上司
これは、宇宙によるシミュレーション。
迫真の演技で「私」をビビらせて「感情」抽出が目的。
宇宙に恩を売る為、たっぷり感じ切りましょう。


3、対処
「コイツ、うぜー」など、ネガ感情をしっかり感じましょう。
「宇宙による情報収集」は、「カラダを通して宇宙に送信される」と思われます。
多少、エゴがうるさいかも知れませんが、単なる「送信作業」です。
ムカツクよりも「宇宙にカリを作った」と恩着せがましく思いましょう。
次回の「意図」の際、宇宙をユスるネタとして、有効活用できます。


B;「私=世界」
世界ところか「宇宙」ですね。
前述の通り、「宇宙」と「私」は同等です。故に「同等の能力」があります。
また「現実世界」たるシミュレーションに、カラダを置かれていますが、
素粒子レベルで見れば、同じと思われます。

余談ながら、この事は、気になって仕方が無かったですが、
今は気にならず、「あまり拘らなくていいでしょ」って具合です。
「分からない」を受け入れる、です。


さて、上記2点により、「エゴの正体」と「”私”を恐がらせていた正体」が判明しました。

結果、★A★一旦、注目。

1、「私」は「今ここ」に「在る」事ができます。
2、「カラダに在る」「カラダと一致する」事もできます。
3、エゴを暖かい目で客観的に見る事もできます。
4、敵、恐がらせるモノも居ない事が分かります。

さて、「現実世界」では「私の居場所=家」は、「今ここに在る」カラダです。

今までは、「家に帰っても、恐いヤツいるから、帰れない。
あちこち(未来・過去)に泊り歩いている」、帰宅恐怖症?

しかし、今度からは、安心して「帰る」事ができます。
尚、チケット7章に、辿り着いたら、「懐かしく感じる」事が多いようです。
久し振りの我が家なので、当然です。

8: 27です :2015/09/13(日) 01:26:00 ID:xj1BcAVw0

●6説 応用  効率の良い方法は?

最初に、1~5説で、「願望の現象化」を妨害するモノは、殆ど消えたと思います。
また、「快でいる事」「立ち位置の変更」が簡単だと思います。
大幅に「認識の変更」ができたと思われます。
 
ここで、潜在意識と顕在意識の方向性を一致させて
「快」を感じながら「意図」する事が、効率良く可能と思われます。
後は、「願望」、それ以外の全ても「既に在る」ので、意図するなりして、「受取る」だけです。


以前なら、「エゴが邪魔するから」と云って、「取り下げ」、また「意図」のループでした。
しかし、「エゴ、それ以前に、敵なんか居なかった」訳です。
どちらかと云えば、宇宙のシミュレーションにいいように騙されていた訳ですね。

さて、宇宙の目的は、
「どのように味わうか、体感するか?」、「どのような感情を得るか?」などを収集、です。
ポジもネガも関係無く多様性に富む事、を望むと思われます。

ここで、効率の良い「方法」を考えて見ます。

宇宙も、コレクターなので、なかなか有り得ない
「感情・体感」を抽出できるような「出来事」を考慮する。
尤も、「考慮」でなく「既に在る」から「選ぶ」ですね。

例;「モテる私になった」

これでは、地味過ぎて、宇宙の関心がイマイチ薄い。なので、ブッ飛んだ内容が良さそうです。

案1;「某アイドルグループ全員から、モテまくり、○○○しまくる私になった」

これならば、私だけでなく、ファンや関係者がスゴイ事なりそうで、
結果、壮大な「感情」を抽出できるので、宇宙も必死に協力してくれそうですね。
問題は、私の体力だけ・・・まぁ、宇宙の為に頑張ります。

さて、「案1」ですが、
「コレ、叶ったら、どうしようか?」「はじめは誰から求められるか?」など、勝手な皮算用が始まってきます。
ニタニタしてますが、ワクワクもたくさん出てきます。
このワクワクも「意図」に合わせれば、「現象化」「即効性」を高める、と思われます。

10: 27です :2015/09/13(日) 02:15:02 ID:xj1BcAVw0

●6.1 説  ゴメン書き忘れです

「現実世界」は二元論採用なので、「在る・無い」セットですが、
これは単に、宇宙による情報収集のフェイントです。
私からは、「荷物を丁寧にダンボールで梱包している」ようにも見えてきます。
また、「受取る」事を邪魔するモノは居ません。エゴは、暴れているように見えていただけです。

「既に在る」で、邪魔が無いので、「執着」の必要はありません。
尤も、もうエゴの正体を理解できたと思われますので、マッタリ待つ事ができる、とも思います。

さて、「現象化」の効率化の追加を。

先程の記述では、「如何に宇宙の気を引くか?」に注目していました。
けれども、「私」も元は「宇宙」です。「同じ」です。同等の能力はあって当然です。
やがて「気付く」と思われます。

さて、「同じ」なので、上下関係はありません。
よって、「宇宙には、図々しくタメ口でイケる」訳です。

お前さぁ、この「願望」を現象化できれば、このくらいの「情報」が手に入るのだから、早くしろよ。

って具合ですね。友人に軽く云う具合で、リラックスして「意図」できますね。
または、「宇宙に対して、そそるようなプレゼン」をすれば良いと思います。

また、「二元論」は、調和、釣り合っている、ですが、
そろそろ皆さん、「在る」を疑わなくなってきているので、釣り合わなくなり、
「無い」に押し出される勢いで、「現象化」して来るかもですね。


●7説 終わりに

かなりブッ飛んだ内容ですが、そろそろ皆さんの手には、入場券が握られている筈です。
早速、入場券を手渡して、お花畑で逢いましょう。

作者より御願い
定価500円支払うつもりで、この度の大雨被害、東北大震災などへの募金を御願いします。

 

Sponsored Link
2017.06.20 tag:27式入場券



【27式01】現実世界に惑わされる事無く、願いを取り下げてしまう理由を明確にして対処していく。
Sponsored Link
27 名前:幸せな名無しさん 投稿日:2015/09/10(木) 05:15:37 ID:psVAwYcQ0

成果アリです。
「見知らぬ女性に声を掛けられる」を今日2回発生。
好みでなかったのでリリース。

最初に長文失礼を。 

1、「真実」は、脳内で認識したイメージ・情報(妄想も立派なイメージ)
 そのイメージは、「既に在る」、別の領域、意識世界に、ストックされている多数のパターンの1つ。
 それを受取ったから、そのイメージ(パターン・願望)の存在に気付く事ができた。

 尚、イヤなら別のパターンを選べば良い。「既に在る」から「思い付く」事ができた訳です。


2、目の前の「現実」は、過ぎ去った空間で、「今(時間の意味)」とは全く関連が無い。
 そもそも「目」と云う視覚情報が脳に届くまでタイムラグがある。
 また「現実世界」を五感で、全て認識できている訳ではない(例;X線は見えない)
 更に、五感で得た情報が脳で処理される直前に、脳の処理能力に合わせる為、1/200万程までカットされる。
 少なくとも、「タイムラグ」と「限られた情報」の為に、「目の前の現実」が「真実足り得ない」と云える。


さて、「なる」をした後で、やはり「現象化」が気になり、
「イメージ(願望)」と「現実世界」との「答え合せ」をやってしまい、やはり失望って事が多いです。
ですが、この「答え合せ」の「方法」が、間違えています。
それは「イメージ(願望)」の「比較対象を現実世界にしている」事です。

上述の通り、「現実世界」は全く関係が無く、「真実足り得ぬ」からです。

一方、
「それでは、何を比較対象、判断材料とするのか?」ですが、
これは単に「エゴの声」と思われます。比較・判断は、エゴにとって格好のネタで、またループ発生です。
また、それでも「せめて現象化が始まったか、教えて欲しい」ともなりますね。

では「どうすれば良いのか?」についてですが、
「エゴによる判断」を放棄する事に尽きるようです。
御存知の通り、エゴ、顕在意識には、それ程の能力はありません。


一方、
「感情は潜在意識のバロメーターである」ようですが、
この「快」の「感情」こそが、イメージ・願望の「比較対象」であり「答え合せ」と思います。

ここで、私なりの対処法ですが、「なる」を「取下げたくなる理由」に注目して、
「真実足り得ぬ現実世界」に惑わされる事無く、その「理由」を明確にして対処していく。
私はブレインダンプです。

具体的に、1つ1つを箇条書きで列挙していくと、
「何を嫌がり何が妨害・抵抗か?」自ずと見えて来ます。



例;「モテる私になる」 
ブレインダンプで、この御題をポジ・ネガ200個程度記述(約1H掛かった)
その内、「容姿がイマイチだからモテない」と出ましたが、
「容姿がイマイチ」との判断は真である訳ではなく、それを決めるのは「私」です。
「私の世界」なので、何でもアリです。

よって「この容姿だからモテる」と修正。
こんな具合で、ネガを全て、赤ペンで書き直し。
また、多少イラついて、ネガ発言しても、
語尾に「モテる私だから、何々なんだよな!」と云い足すクセも。

こんな事を3日実行。
以前は「モテる私になる」と云えば、反射的に「モテない理由」が列挙されていましたが、
今は、「やっぱりオレは何々だからモテる」との反射の割合が増え出し、
言い切った後で「快」を感じられる事が多くなったようです。

お役に立てれば幸いです。

37 名前:幸せな名無しさん 投稿日:2015/09/10(木) 15:23:37 ID:psVAwYcQ0

27 です。 
前回の追加を書きます。 長文失礼を。

●「なる」後の「ブレ防止・修正方法」 及び 「現象化」

例:「モテる私になった」

1、ブレインダンプで「モテる私」を「妨害するエゴ」をできるだけ多く列挙する
それを「この容姿の私だからモテる」など修正・変更、この「変更物」をできるだけ多く準備。
尚、「妨害するエゴ」と「変更物」が多い程、「イメージがより緻密になる、ピンポイントになる」と思われる。


2、「なる」実行 ⇒ 「ブレ」発生


3、「ブレ防止」
上述「変更物」を1つずつ声に出して「快」を感じるか?チェック。
「反射的に、快を感じる」レベルが望ましい。
「変更物」は大量である程、全て「快」であるならば、それだけエゴ・障害が消えた根拠・自信になる。


4、「修正方法」
 「願望」、つまり目的が、顕在意識と潜在意識で一致するならば、即叶うようです。
ここで、
A;顕在意識の目的 ⇒ 「モテる私になった」の現象化 
B;潜在意識の反応 ⇒ 「A」に対して「快」を感じるか?
つまり、「AとBが一致しているか?」照準を合わせる訳です。


5、ポイント
A:「妨害するエゴ」を「変更物」に書き換える。これを数多く緻密に実行。
B:「変更物」に「快」を感じるか? これを「反射レベル」まで引き上げる。
C:「B」の過程で、「脳の書き換え」が達成され始める。
尚、「反射」が確認できれば「書き換えは完了」と思われる。


6、現象化
A:「脳が認識した事」が「真実」であるようなので、「脳の書き換え」完了で「現象化の条件」が整う。

B:達人がよく云う「現象化は気にならなくなる」、これは「A」で「書き換え」が「腑に落ちた」と思われる。
 また「アマゾンで注文したから、気にならない、後は、待つだけ、受取るだけ」って具合。
 ここら辺で、「脳が認識した事」に「現実が追いつこう」として来る。

C:「気にならなくなる」⇒「無関心になる」 
 結果、「執着」しない頃、「受取る」態勢完了、「気付いたら現象化していた??」って具合。

補足
「快を感じるか?」これは筋反射テストも有効と思われる。

41 名前:幸せな名無しさん 投稿日:2015/09/10(木) 15:48:31 ID:9aVJuxtY0

27 です。 反応してくれた方々、感謝です。
いわゆる「気付き」発生? 
アカシックレコードにアクセスして情報を受信中?
頭にいろいろ湧いてきます。

今、「書き留める」事に集中です。後に「書き溜め」投下します。

57 名前:幸せな名無しさん 投稿日:2015/09/10(木) 23:16:47 ID:psVAwYcQ0

27 です。

●私の記述について

 「潜在意識ちゃんねる」を一通り読み、達人の方々の発言、キーワードを抜粋、
PCで、自分なりの参考書を作成。気付けば、立派な「方法ジプシー・エゴループ」
よくあるパターンです。そんな状況で、やっと現象化らしきモノ発生。

ですが、達人の方々は、「エゴたるカベが一気に崩れた」との具合で「一瞬での変化」が多いようです。
一方、私側は、理屈人間であり「根拠・過程」が明確で納得できなければならない、が強い為か、
「一瞬での変化」が、まだ見られていない状況です。
「カベが全部崩れた」より「カベにちょこっと穴が開いた、その穴を更に広げよう」って具合です。

さて、「現象化」を振り返り、理解度を深める為、再現性を高める為、
浮かんできた”気付き”を、書き留めようと、頑張っていましたが、これは「感性」の領域。

そもそも
「言葉」は「現実世界=物質世界」でのみ有効なモノであり、
その1つ上の次元の「意識世界=感性の領域」に、対応しきれるモノでは無いようです。
尤も「確実に不可能」とは思いませんが、例えるなら
「ピカソの抽象画を、文書で説明せよ」との具合であり、かなりの難関に思えて来ました。

さて、27 37 は、我ながら good job ですが、
「多くの人に理解を得られる説明」となれば、27 37 よりも「更に噛み砕いた」表現が必要になります。
よって、「投下」は、もうしばらくお待ち下さい。期待させる表現をして失礼を。

60 名前:幸せな名無しさん 投稿日:2015/09/11(金) 01:36:41 ID:sga2HNWE0

>>27
秀逸な方法ありがとうございました。
自分的にはここがよく分からなかったのですが

>例;「モテる私になる」 
>ブレインダンプで、この御題をポジ・ネガ200個程度記述(約1H掛かった)
>その内、「容姿がイマイチだからモテない」と出ましたが、
>「容姿がイマイチ」との判断は真である訳ではなく、それを決めるのは「私」です。
>「私の世界」なので、何でもアリです。
>よって「この容姿だからモテる」と修正。こんな具合で、ネガを全て、赤ペンで書き直し。
>また、多少イラついて、ネガ発言しても、
>語尾に「モテる私だから、何々なんだよな!」と云い足すクセも。

常識は無視して、考えるということなのでしょうか。

例えば、私は月収3万円だから、家賃月10万円の新しくい広いマンションは住めないな
ではなく、私は月収3万円だから、家賃10万円の新しく広いマンションに住めるを
本気で思い込むレベルまでやりこめということなのでしょうか?

今まとめてくださっているみたいなので、
ここのところも教えてくださるとありがたいです。
次のまとめを楽しみにしています。


62 名前:幸せな名無しさん 投稿日:2015/09/11(金) 03:58:39 ID:9NZZ0lqY0

>>60 サンへ 27より
下記「※」4個は、27 37 での、書き忘れです。

>常識は無視して、考えるということなのでしょうか。

その通りです。27 に書き忘れましたが、
「未来・過去はなく、今のみがあり、今がどんどん更新されていく」
との「今メソ」定番の考え方を根拠にしています。
「今メソ」は割と、抵抗無く実行しています。また瞑想ですね。※1

さて、「更新」ですが、
「今」この瞬間に新しい私になる、訳ですので、
「既存の固定観念・常識をも排除して良い」、「新しいルールを採用しても良い」と
「私に許可した」具合です。※2

また、
そもそも「常識=観念=エゴ」なので束縛される筋合いはありません。
ですので、それこそ「脳内の常識をブチ壊す」くらいのイメージ・願望を設定した方がいいかもです。
それによって「考え方の枠を広大かつ柔軟」にできると思います。※3


例;「モテる私になった」
ブレインダンプで、ポジ・ネガ両方書き出し、ネガは修正⇒「変更物」。これは上述の通り。
一方、「当たり前」と思って書かなかった事ですが、
ポジも、修正対象であり、より具体的に、誇張する具合で変更。


例;「A,B,Cから同時に告られた・・・誰からヤルか?」
など、およそ有り得ないポジに強調変換。
そして「語尾」に「やはりモテるからなー」と云い足す。


このような具合で、ポジな意味での「有り得なさ過ぎる状況」のイメージをも、
脳に認識できるように「ならし」ました。※4

下記について。
>私は月収3万円だから、家賃10万円の新しく広いマンションに住めるを
>本気で思い込むレベルまでやりこめということなのでしょうか?

ゴメンなさい、お金はまだやってません・・・
私がやってみた事・順番は下記の通り。

1、潜在意識の使い方を完全に理解して使いこなせるようになる
2、モテる私になる

まずは、欲張らず1つを、と思い1を。そして具体的な実例として2を、との具合です。
どうやら、1つうまくいけば確信が持て、「お通じ」が良くなるようなので、
まずは、実例として「2」を優先って事です。
また「本能に根ざす」事なので実現性が高いと期待。
「ネガ修正」はたくさん出て来た。

ですが、60サンの例ならば、「家賃10万円の家に住む」事が目的のようなので、
「月収が上がった」「臨時収入が入った」など「お金が入ってくる経路・根拠」に焦点を当てる具合(X)、
または「家賃10万円の家に住む状況になった」などの「状況の変化」に焦点を当てる具合(Y)
で「ネガを修正」します。

>私は月収3万円だから、家賃月10万円の新しくい広いマンションは住めないな

修正案    

(X)「お金が入ってくる経路・根拠」
1:宝くじが当たった友人・親族が、お裾分けをくれた。(語尾)やはり、オレ、ついてるわ。


(Y)「状況の変化」
1:家賃10万でビビっていたけど、家って住まないと劣化するから、
  管理する意味で住んでくれ! 勿論、礼はする! と頼まれた。(語尾)やはり、オレ、ついてるわ。
2:マンションの管理人を頼まれたが、そのマンションの空き部屋に住んでいいよ、と云われた。
  (語尾)こういうケースもあるんだな。
3:ママ(愛人)にマンション買って貰った。(語尾)やっぱりオレ、モテるわ。


さて、(Y)ならばポンポン出て来ますが、
(X)が行き詰まりが見られます。これは私の不備です。認めます。
当然、「お金」も願望の対象なので、「有り得ない状況」イメージなどで脳認識を拡張していきます。

ですが、「脳で認識できた事が真実」なので、
(X)もそれに伴うエゴも「認識し易いストーリー」に修正して、対処可能と思われます。

言い訳っぽくて失礼ですが、「お金」は今後の課題として、
まずは「モテる現象化」実例・確信を増やしてから、と思います。

75 名前:幸せな名無しさん 投稿日:2015/09/11(金) 20:51:17 ID:sga2HNWE0

>>62
気軽に聞いたつもりでしたが、細かく教えていただき、。
本当にありがとうございました。
マンションのことは、例として挙げましたが、
お金の願望や、欲しいものを得たい願望はあるので、そちらに応用してみます。

先ほど、ブレインダンプだけでなく、不安をプラスに変えることをしたら
効果的でしたので、これからも続けてみたいと思いました。
今度は最終的に願望達成できたとき書き込めたらと思います。


77 名前:幸せな名無しさん 投稿日:2015/09/11(金) 22:23:32 ID:9NZZ0lqY0

>>75 サン  27 です
>先ほど、ブレインダンプだけでなく、不安をプラスに変えることをしたら
>効果的でしたので、これからも続けてみたいと思いました。

これ聞いて安心しました。良かったですね。
一方、「お金」関連・・・これは一旦置いておきます・・・期待させるようで失礼を。

ですが、「願望」をイメージした時に「快」の感情を感じられる、これは、
顕在意識と潜在意識の方向が一致している事ですので、期待できると思われます。


また、バジャール曰く、「願望にワクワク感情を抱ければ、ラジオの周波数をあわせる具合で、
その世界が同調、現象化」のようです。(コレも書き忘れでした・・・)

ですので、下記などいかがでしょうか。

エゴをポジ変更 + 「快」感情を抱けるか? + ワクワク感情

PS;今日の収穫   「見知らぬカワイイ女性に抱きつかれた」
    ↓
立ち読みしていたら、突然、横から抱き付かれた。
幼稚園児と思われる。
数秒後、お母さん登場、「すいませーん」って具合。確かにカワイらしかった。

ヘタな鉄砲も数撃てば当たるようですね。



Sponsored Link



| HOME |
アクセスランキング