m9(´・A・`#) 11 多世界 - パラレルワールドについての解説。
Sponsored Link
983:ななしのいるせいかつ :2007/03/20(火) 14:19:31

サンタクロースについて。

やっぱり空を飛ぶことと同じで、今いる次元のルールでそうなっていて、
彼らの魂がそれに同意してるから、確信したとしてもサンタクロースは現れることはない。

子供はルールを超越してこの次元にサンタクロースを創造できるほど覚醒していない。

仮にある子供がルールを超越するほど覚醒して、
2007年12月24日にサンタが現れることを確信したとしよう。

そうすれば2007年12月24日に、サンタが実際にそりに乗って空を飛んでやってくる。
まぼろしではなく、物質的な姿で。その姿を皆が目撃してテレビで放送されて大騒ぎになる。

しかし、同意していないあなたはそこに立ち会うことはできない。

2007年12月24日にサンタが来るバージョンの地球と、
2007年12月24日にサンタがこないバージョンの地球は同時に存在していて、
同意した子供だけがそちらの世界に移動するから。

(移動したといっても、本人は移動したことに気づいていない。
今住んでいる地球に突然サンタが現れただけに感じる。)

あなたがそちらの次元に移動しようがしまいが、サンタが現れることに同意した我々は
そちらの世界で暮らしている。(2人のあなたが別の次元に同時に存在している)

移動した子供もこちらの世界からきえたわけでなく、こちらの世界でも
サンタを信じない子供として今までと同じように暮らしている。

両方の世界は平行して同時に存在していて、子供や我々もそれぞれの世界に同時に存在している。
同様に無限通りの地球があり、無限通りのあなたが存在している(パラレルワールド)

984:ななしのいるせいかつ :2007/03/20(火) 14:27:08 [sage]

つまりUFOを見た人はその人にしか見えないのだが物質的な姿で見えたというわけ?

985:ななしのいるせいかつ :2007/03/20(火) 14:51:21 [sage]

サンタさんの謎が解明されれば潜在意識の利用法もはっきりしそうな気がしてきた!

986:ななしのいるせいかつ :2007/03/20(火) 15:05:21

>>984
それとは違う。

サンタが現れることに皆が同意している世界と、同意していない世界(今我々がいる世界)は
同時に存在していて、子供がサンタがあわられることに同意した場合、今いる世界にサンタが
現れるのではなく、子供だけがサンタが現れる方の世界に移動するということ。

こちらの世界にいる我々が子供がいった世界と同じ世界に行き、同じ経験をするには
サンタが現れることに同意しないとならない。

あなたが同意しようがしまいが、あちらの世界には同意しているあなたが暮らしている。

もし、今、あなたが今年の12月24日にサンタが現れることに同意したとする。
そして12月24日にサンタが現れる。

そうすると、今いる世界に突然サンタが現れるように感じるよね。
でも実はそうではなく、同意したあなただけが次元を移動してるんだよ。

そちらの世界では同意した人類(あなたの家族や友達)がいて、皆がサンタを目撃することになる。
サンタが現れるか現れないかの違いしかないので、本人は移動したことは気づかない。

それと同時に元々いたサンタが現れない世界も存在して、
同意してないあなたと同意していない皆が暮らして同じ世界を経験しているんだよ。

無数に存在している世界、無限とおりのあなたの
どこに焦点をあわせるかによって経験する現実が違ってくる。

こういった概念は言葉で説明するのが難しい・・・。

987:ななしのいるせいかつ :2007/03/20(火) 15:22:46 [sage]

>>986
それはおかしくないか?
サンタが現れると同意できてないから今俺達はここにいるんだよな?
それなら未開地の人だってまだ飛行機を見たこともないだろうし、
飛行機があるなんて同意できないはずだ。

でも実際にはあるんだし、サンタも俺達が見れないだけで
同じこの世界でも見れる人がいるかも知れないぞ。

988:ななしのいるせいかつ :2007/03/20(火) 16:57:43

>>987
言葉では限界があるから意味が分かってもらえないのがもどかしい。

>それなら未開地の人だってまだ飛行機を見たこともないだろうし、
>飛行機があるなんて同意できないはずだ


彼らは文明が発達している地球の未開拓の地に住むってことに同意してここに来てるんだよ。
表面上でなく魂のレベルで同意してないことは経験できないんだよ。

>でも実際にはあるんだしサンタも俺達が見れないだけで
>同じこの世界でも見れる人がいるかも知れないぞ


無限とおりの世界があるって言ってるでしょ。
「サンタも俺達が見れないだけで同じこの世界でも見れる人がいる」
だから当然そういう世界もあるんだよ。

今我々がいるこの世界がそうかもしれないし、そうでないかもしれない。
でも我々がどちらの世界を選択してるのかはわからないし、どちらの世界を選択することもできる。

989:ななしのいるせいかつ :2007/03/20(火) 17:03:39 [sage]

何だがよくわからないな('A`)

990:ななしのいるせいかつ :2007/03/20(火) 17:22:48 [sage]

今いるこの時点がただひとつの現実ではないんだよ。
些細な一点のみ違う世界、ひとつを除いて他は全部違う世界やなんかが
無数に同時進行で並列に存在している。

他は今の自分となにひとつ違わず髪の色だけが赤の世界。
他は今の自分となにひとつ違わず髪の色が赤で黒い髭が生えている世界。
他は今の自分となにひとつ違わず髪の色が赤で赤い髭が生えている世界。

これらが今現在自分がいる世界=自分が選んだ世界と同時に存在している。
もちろんもっと別の要素がまったく違っている世界やサンタが見える世界もある。

自分がいる=自分が選んでいる、のは無意識である潜在意識が担っているから
表層意識で自分が同意しているのとは=にならない。

そこで表層意識と潜在意識を結んで、同意している=選んでいる=存在している
ことが出来ると並列に存在していた今とは「別の世界」に移行する。

するとサンタが見える世界に自分が存在することになる。
と、同時にサンタが見られない自分がいた世界も同時に存在する。
ただ自分が今そこにいないだけで、その世界はある。

だからサンタが見える人と見られない人は、同じ世界ではなく
それぞれがそれぞれの世界にいるんだよ。

993:ななしのいるせいかつ :2007/03/20(火) 17:40:30 [sage]

前もパラレルワールドってレスあったけどスルーしてた
理解しようと思えば思うほど分からなくなる

995:ななしのいるせいかつ :2007/03/20(火) 17:43:59 [sage]

パラレルワールドって書いてあってもスルーされてたから
分からないんだろうなっと思って長文書いて説明してしまったよごめん。
理解しようとせず感覚で掴めばいいと思う。

筒井康隆とかうる星やつらとかにあるからそれを読めばいいよ。

996:ななしのいるせいかつ :2007/03/20(火) 17:49:01

特定の相手との恋愛イメージ

ベストセラーになった「鏡の法則」などで有名な「自分が変われば相手も変わる」という法則がある。

いつもあなたに意地悪をしてくるAさんという人がいる。
あなたがAさんを心から許して、感謝して優しい愛のある人だと思えれば、Aさんが急に優しくなる。

あなたが変わったからAさんが変わったように感じるが、これはAさんが変わったのではない。
あなたが、元からあった優しいAさんがいる世界を選択して移動しただけ。

テレビのチャンネルを変えて見る番組を変えたのと全く同じ原理。
意地悪なAさんがいる番組から、優しいAさんがいる番組にチャンネルを変えただけ。

優しいAさんがいる番組はずっと前から放送していたし、Aさんがが優しくなった今でも
今までいた世界(あわせていたチャンネル)には意地悪なAさんもずっと存在している。

自分がチャンネル変えてを移動したことには全く気づかないので、相手が変わったように感じる。
恋愛についても同じ。特定の相手とのイメージングすることは、相手の自由を奪うことにはならない。

あなたの「○○さんと絶対に付き合いたい」という願望と、
○○さんの「あなたとは絶対に付き合わない」という願望は同時に叶えられるからだ。

○○さんがあなたを好きになってくれる番組もそうでない番組も同時に放送しているが、
どちらに周波数を合わせるかはあなたの自由。

○○さん視点から見ても同じ。どちらの番組を見るかは自由。

○○さんが自分を好きになることを選択したあなたと、それに同意した○○さんが
同じ世界で共通のドラマを作り上げる。

別次元で○○さんに嫌われることを選択したあなたと、
あなたなんかキライと決めた○○さんが同じ世界でドラマを作り上げている。

こういったことは願望をかなえるのに知る必要はないが、全ての人の願望は
同時に叶えられるということを知ってもらえれば大きな励みになると思う。

潜在意識の話になると、よく「オリンピックで2人が全く同じく金メダルを取ると
確信したらどうなるの?」という疑問が出るが、

答えは2人とも同じ大会で同時に金メダルを取ることができるということになる。

両者が寸ぷん違わず同じように自分が金メダルだと確信できたら、
AさんはAさんが金メダルと取った番組に、BさんはBさんが金メダルを取ったという
番組に周波数を合わせることになる。

Aさんが金メダルを取った番組では、Bさんが銀メダルになっていて、
Bさんが金メダルを取った番組では、Aさんが銀メダルになっいる。

もちろんお互いが別々の世界にいっているのは気づかず、
両方とも自分が金メダルを取った、ライバルに勝ったと思いながら勝利を喜んでいる。

つまり、どんなことでもライバルはいない、他人と競争する必要はなく
何でも好きなようにかなえることができる(ライバルは自分だけ)ということになる。


37 :ななしのいるせいかつ:2007/03/21(水) 03:11:32

顔文字さんパラレルワールドについてどう思う?

121 :ななしのいるせいかつ:2007/03/25(日) 00:11:23

>>37
パラレルワールドも一つの考え方としていいとは思うが、漏れ的には前スレで出てきた
「私は~な事を知ってる」という考え方が好きだなm9(´・A・`#)

「どうしても~に入賞したい」「~のトップに立ちたい」とかいう願望を持っていて
「他人の幸福を願っている余裕がない」状況の人や「無償で奉仕することに抵抗がある」
という人は、特にパラレルワールド思考がお勧めだなm9(´・A・`#)

何せ、惜しみなく他人に尽くしたり、他人の成功を願えない理由は
「あの人がトップになっちゃう」という不安のせいだからなm9(´・A・`#)


競争相手が多い世界の願望を持ってる人は、パラレルワールド思考であっさり解決すると思うぞ
m9(´・A・`#)


Sponsored Link


thema:潜在意識の法則 - genre:心と身体


アクセスランキング