自分の住む部屋は、ドラマチックに演出しよう 「人生はその筋書きに向かう」
Sponsored Link
199 :(名前は掃除されました):2010/01/26(火) 03:47:14 ID:tlNBLWga

かの美輪明宏サマによると、たとえ六畳一間でも、自分の住む部屋は
ドラマの大道具や小道具を揃えるつもりで、ドラマチックに演出しなさいとのことです。

「安いから」「手軽だから」で選ばずに、自分で手に入れられる価格の中で、
最も美しいと思えるものを選んで身のまわりに置きなさいと。


自分がどういうドラマのどんな主人公になりたいかをイメージして、
その主人公に相応しい生活を、ドラマのセットをつくるように自分で揃える。
そうすると人生がその筋書きに向かって動き始めるとのこと。

値段と機能だけ見て、「これでいいか」と適当なものばかり選んでたなー。
だから大切に出来ない、満足できない。

美輪サマのような豪奢なヨーロピアンは苦手だけどw 
でも自分の部屋には美とロマンが足りないと思う。
スタイルなんて自由に選んでいいはずなのに、変な制限とか遠慮がいっぱいあったかも。

掃除しながら少しずつインテリアも向上させていきたいな。

206 :(名前は掃除されました):2010/01/26(火) 17:30:49 ID:+qxjHjja

>>199
いい話ありがとう

215 :(名前は掃除されました):2010/01/27(水) 11:26:15 ID:3jkPeQla

>>199さんじゃないけど美輪さんも、

「忙しくてしょうがない時はカップ麺でもいいでしょうけど、
美しい器に移して美しい音楽をかけながら食べれば、まったく違う食べ物になります。
そのうち美しい器に似合う食事、部屋、自分自身という物が判って来る。
美意識とはそうやって磨いてゆくのです。
部屋の中で一人でいる時が本当のあなたなのですから」


て言ってたよ。お掃除がんばってね。


Sponsored Link



アクセスランキング