願いが叶わず、貧乏くじばかりを引く人。その要因とは 「幸せのジャッジ」
Sponsored Link
464 :幸せな名無しさん:2011/06/05(日) 11:22:05 ID:O2tET89g0

私は、復縁を願望に毎日ポジに生きて頑張っていますが、現実は音信不通のさっぱりな状態。。
挙句の果てに全ての事に貧乏くじをひいています。

復縁や願望達成された方はいるのになぜ私は出来ないのか。。

467 :幸せな名無しさん:2011/06/05(日) 15:35:22 ID:dV/kpeS6O

>>464さん、
違ったらごめんなさいですが、もしかして464さんは自己評価が低いのではないですか?

自分はこの程度の幸せしか見合わない。
この程度の現実が妥当…これくらいしか引き寄せられない、そうだとしても仕方ない…

自己評価が低い場合ほど、つまらないと思う現実や恋愛、人間関係になります。


高飛車な気持ちではなく、私は彼から復縁を迫られるのは当然、
素敵な恋愛が出来るに値すると当たり前のように思えているでしょうか?

幸せな恋愛をしている人は、例えば『暴力を振るう彼なんて自分には似合わない』
『ヒモ男となんて、つきあう気もしない』『振られたけどすぐ素敵な人が見つかる♪』


…というような心の態度を当たり前のように身につけていて、
幸せな恋愛が普通という現実を生きています。

愛されて当たり前、幸せで当たり前、うまくいって当たり前、私は貧乏くじを引くに値しない、
(むしろ貧乏くじを引くなんてありえない)と潜在意識に焼きつき、身についていると思います。


幸せになっていいんですよ。幸せに値しない人は、誰もいない。
自分ばかり得して申し訳ないなら、得した分をまわりにおすそわけすればいいだけ。
幸せに値しないとジャッジしているのは自分だけなんです。

潜在意識に、愛されて当たり前・なんでもうまくいく…なイメージを焼きつけましょう♪

日々の生活でも、貧乏くじを引きそうになったなら、『貧乏くじなんて引かない!』
『私はそんな現実を味わう女じゃない!!』『私を軽く見ないで!』くらい強気で
心の中で叫んでしまいましょう。

断固として貧乏くじを引く現実は『受け入れません』という心の態度を貫きましょう。




Sponsored Link



アクセスランキング