宇宙におまかせ全託コースの最短距離は 「価値判断をやめる=愛に移行すること」
Sponsored Link
533 名前:幸せな名無しさん 投稿日:2011/10/16(日) 16:23:14 ID:5r3cbL6kO

私の願望は志望大学現役合格ですかね。別にそんな渇望してませんが…

543 名前:幸せな名無しさん 投稿日:2011/10/16(日) 18:24:36 ID:iwR3JR2EO

>>533
「志望大学現役合格した私」になった?

552 名前:幸せな名無しさん 投稿日:2011/10/16(日) 19:17:34 ID:58nGUZ.g0

>>551
「合格した私」は抵抗が強いので「合格できる私」になってます。
過ごし方は普通ですよ。

554 名前:幸せな名無しさん 投稿日:2011/10/16(日) 19:23:19 ID:BKQulVmo0

>>552
「なった」に抵抗がある理由は何ですか?

556 名前:幸せな名無しさん 投稿日:2011/10/16(日) 19:44:31 ID:5r3cbL6kO

>>554
抵抗の理由は、エゴちゃんが騒ぐからです。
「大学合格(入学)したのに、高校にいるのはおかしいだろ!」だの、
「まだ試験も受けてないのに何いってんの?」だのエゴちゃんが言ってきます。
思考(これもエゴ)でも「え?は?イミフ」ってなります。

「合格できる私」ならそれが無いので。

574 名前:幸せな名無しさん 投稿日:2011/10/16(日) 21:38:35 ID:c500cANg0

>>556
>「大学合格(入学)したのに、高校にいるのはおかしいだろ!」だの、
>「まだ試験も受けてないのに何いってんの?」だの


そのエゴからの抵抗感は、次のような認識で乗り越えられませんか?

「既にある」系の世界観で、
「創造は既に完了している」というのがありますね。

これはどういうことかというと、
この宇宙の全ての時間軸におけるすべての可能世界の映像はすべて撮り終わっている、
ということです。全てが「既にある」のです、同時存在です。


時間軸は意識によって再構成されたものでしかない。
だから、現実世界における現在のあなたは

「高校に通っているあなた」その「あなた」と、
「大学に合格したあなた」と、「志望大学で大学生活を満喫しているあなた」

これら全てが同時存在していて、エゴを超越した「本当のあなた」が
そのすべてを同時に認識している、というのは矛盾のない認識なのですよ。


「合格できる私」ならエゴの抵抗がない、というのは真実を語っています。

「志望大学に合格したあなた」を選択した時点で、現実世界での時間軸における
「高校に通っているあなた」は、既に「志望大学に無理なく合格できる要素を備えたあなた」
であることが決定しているのだから。

私はこの世界観をもって認識しているので、「なる」ことによる抵抗がないのですよ。

576 名前:幸せな名無しさん 投稿日:2011/10/16(日) 21:49:22 ID:c500cANg0

この世界観での認識で生活していると、日々のあらゆることがすべて、
自分の望む「そこ」へ向かうための道程であると、そう感じられて、
すべての瞬間がかけがえのない時であると思われてきて、
すべてのことが愛おしくなります。

この世界観での認識だと、現在の行動に無理や矛盾が自然となくなっていきます。

608 名前:幸せな名無しさん 投稿日:2011/10/17(月) 21:38:17 ID:M48OK31Y0

>>576
c500cANg0さん
その世界観にいけず苦しいんですけどどうしたらいいんでしょうか?

612 名前:幸せな名無しさん 投稿日:2011/10/17(月) 22:34:50 ID:PJLUab6g0

>>608さん
昨日のc500cANg0ですw

うん・・・どう説明するのがいいかな?
私の場合は、認識は何段階もかけてやっと変わっていった感じでしたし、
正直に言うとけっこう時間はかかってしまいましたよw

具体的なお話をしてしまうと逆に混乱してしまうかもしれないので、
一つ、私にとって鍵になった言葉をあげてみます。

「価値判断をやめる=愛に移行すること」。

この世のすべてのこと、私やあなたが経験するすべてのこと、
それに「良い」とか「悪い」とかいろいろな意味づけを与えているのは現在の自分の
価値判断でしかなくて、本当は、すべてのことがプレゼントなんですよ。

すべてのことは、永遠の視点から見たら、「善きこと」しかないんです。
愛という永遠の存在の、変幻した姿でしかないんです。

そして、私たちはそこに「意味」を創造できるんです。
現実の世界には素晴らしいこともたくさんあるけれど、絶望を感じることもある。
どちらも私たちが創造したことなんですよ。

>>574で、「創造は既に完了している」という世界観を述べましたね。
私たちがこの現実世界で生きている形を取って生まれる前から、
すべての事象は既に存在していたという世界観です。

それなのになぜ、私たちが現実を創造することができるのか?
私の言っていることは矛盾しているような感じがしますよね?
(それは私の表現がこなれていないせいでもあるのですがw)

この宇宙のすべての時間軸におけるすべての可能な事象は、すべて創造が済んでいる。
でも、それに意味を与えることができるのは、私たちだけなんです。


すべての現実、すべての事象、起ったことも起こりうることも、
この世界のすべてには「意味」が「無い」んです。

宇宙は価値判断をしないんです。自然を考えてみたらわかりますよね。
擬人化しないかぎりは、草も木も花も、ただ「そこにあるだけ」です。

すべての現実は、ただ「そのように」あるだけ、です。
それに意味を与えて、どんな感情も生み出せる、それだけの力が、
たとえ願いが叶わないと悩んだり、苦しんだりしている時の私たちにもあるんです。

「叶っていない」という思いも、実は勘違いみたいなものでしかなくて、
私たちは既に、自分の体験している現実を叶えているんですよね。

まず、このことを実感してみること、かな。

そうしているうちに、ある時、きっと、この宇宙のすべてのことは、
愛であることが腑に落ちてくると思います。
私たちの人生に起こるすべてのことは、「プレゼント」だったんです。

635 名前:幸せな名無しさん 投稿日:2011/10/18(火) 07:53:15 ID:366NLtxQ0

>>612san
ご丁寧な説明ありがとうございます
なかなか難しいですね
頭で理解するのではなく感覚的なところなんでしょうか

選ぶっていう言葉はわかるんだけどわからない
って何を言ってるのかがさっぱりわかりませんが

665 名前:幸せな名無しさん 投稿日:2011/10/18(火) 20:23:14 ID:tbcc1mIU0

>>635さん
そう、感覚的につかんでいったほうが良いと思いますよ。
思考に引きずられてしまうより、ご自分の感覚を研ぎ澄ませてみるのが良いです。

「選ぶ」のは、属性を選択するというのではなくて、
「ありたい自分」をその都度に選択していってください。

属性はニュートラルなままで良いです。

「価値判断をやめる=愛に移行すること」

これを感じてみてください。

666 名前:幸せな名無しさん 投稿日:2011/10/18(火) 20:37:39 ID:tbcc1mIU0

絶対的な全肯定とは、「ただ認めること」、これが「無条件の愛」の姿です。
宇宙はただそのようにあります。

・・・というのは私の真実であって、もちろんそれ以外の受け止め方や感じ方が
間違っているわけでは決してないです。自分にもっとしっくりくるものがあれば、
それを採用するのが一番です。

ただ、私の辿り着いた認識では、この「無条件の愛」という全肯定の在り方は、
よく言われる「関連付けの放棄」と同じことだったんですよ。

ということで、私なりの「宇宙におまかせ全託コース」の最短距離は、
「価値判断をやめる=愛に移行すること」
この言葉の示すところをじっくりと感じきることだったんです。

でも、「属性を貼り替える」という方法論も、かなり使えますよ。
私は時間がかかった分、いろんなことを試しているのでw

現実に主導権を渡さずに、ただ「自分であること」が一番大切なことなのだと思います。


667 名前:幸せな名無しさん 投稿日:2011/10/18(火) 20:56:26 ID:tbcc1mIU0

あぁ、属性という言葉で行くならば、こう言った方が良かったかな?

「価値判断をやめる」ということは、今まで私たちが現実に与えてきた属性を
取り下げて、それを「愛」という属性に変えるということでもあります。

「属性を貼り替える」というアプローチで行くならば、
その属性を「完璧」にしちゃってみてください。

「完璧メソッド」ですねw

なんかよくわからんがすべては完璧、でオッケーです。
なんも考えなくてもいいから楽チンですよ。全託ですw


Sponsored Link



アクセスランキング