「意図を取り下げない」と「願望を手放す」とはどのような関係なのか?「意図と願望の違い」
631 : 幸せな名無しさん :2015/06/11(木) 12:50:20 Za3L0K1s0

願望実現において「意図を取り下げない」とよくありますが
「願望を手放す」とはどのような関係にあるのでしょうか?
意図と願望は違うもの?



633 : 幸せな名無しさん :2015/06/11(木) 15:06:10 ivHbc/LE0

>>631
もともと「全てが既にある」ので本来は
「願望」という言葉自体がナンセンスなんですが
「願望を手放す」というのは「願望に対する執着を手放す」
という事なのかなと思います。


自己観察さんの言葉を借りると、既にある中から
欲する対象を自分のものだと決定するのが意図。

その後、意図したのに不安になったり、迷ったり、
願いが叶わなかったらetc、自分のものだと決定している対象について
「まだ自分のものではない」という前提であれこれと考えるのが
「意図を取り下げる」こと。

isaさんが言っていたようにお寿司を口いっぱいに頬張ってる状態で
「お寿司が食べたい!」とは言わないように、
既にあるのだから意図した時点で、執着というもの自体が
意味を持たなくなる=これが手放すという事なのかなと。

なので「意図を取り下げない」状態にあれば、おのずと
「願望(に対する執着)」は手放せていることになるんのではないでしょうか。



634 : 幸せな名無しさん :2015/06/11(木) 15:58:30 s78TjK/E0

>>633
横ですが、手放すについて詳しくかいてくださりありがとうございます。

わたしの本願は復縁です。
メールはいいけど会うことは断られています。

ですが、わたしとしては会いたいし、会ったときは復縁!
と決めているのですが、なかなかできません。
メールじゃ普通なのに。。

会うこと、会って復縁すること。にこだわり過ぎているのでしょうか?
なにか心につっかかるというか、目の前に大きな壁があるようで進みません。。



640 : 幸せな名無しさん :2015/06/12(金) 09:24:45 6Yrl.usA0

>>634
これもisaさんがおっしゃられていた事ですが
「相手から会う事を拒否されている現実」をまずサクッと認める。
認めた上で横に置いておいて「私が彼の恋人」なりの設定(意図)をする。

(「相手から会う事を拒否されている」ことと「彼の恋人は自分」は全く無関係ですよね)

相手から会う事を拒否されている事を認めない限り、
受け取り拒否をしている事になるので再配達は終わりません。

大好きな人に会いたいというお気持ちはすごーく良く分かるのですが
「会って復縁」と叶うプロセスを自ら狭めてしまっているように思います。

これは潜在意識(と呼ばれる物)の根本的な部分かと思いますが、
想定が出来る範囲を超えて手に入るというプロセスが用意されている
という事を信頼してみると良いかもしれません。



635 : 幸せな名無しさん :2015/06/11(木) 16:13:23 5Ib48eJsO

>>633
横からすみません!すごく分かりやすかったので質問させて下さい

>意図したのに不安になったり、迷ったり、願いが叶わなかったらetc、
自分のものだと決定している対象について

「まだ自分のものではない」という前提で
あれこれと考えるのが「意図を取り下げる」こと。
↑の箇所が改めてよく理解できましたw

そこで一番の難関「意図を取り下げない」状態ってどんな感じなんでしょうか?

頭では分かっても今一つ実感できない、、というのは
例えばよく質問にある容姿を物理的に変えたい→鏡を見る→orz…。ってパターン
「錯覚、錯覚。既にある、確かに変わっている」と思い込もうとするでしょ?

その辺が思い込みや妄想と紙一重(理性曰わく)で、意志の力で想像力を働かせて
何となくそんな気になったとしても、一目見た瞬間打ち砕かれて自分が
馬鹿みたいな気がしてくるんですよ?

可愛いとか綺麗とか曖昧な基準じゃなくて、
銀行口座の数字みたいにはっきりと物理的に見てとれるような場合は特に
みんなが云う「結果が見えない」ってやつ。

こういう時、理性の声を受け流して信じ続けるスタンスってどんな感覚だと思いますか?

妄想に逃げるのは違うと思うし、どうも感覚的につかみにくいです。
もし参考になる達人さんもいたら教えて頂けると嬉しいです(´・ω・)


638 : 幸せな名無しさん :2015/06/11(木) 22:38:19 K5XC4oXU0

>>635
633さんではないけど、意図を取り下げない状態にするには、
現実を見ても気にしない状態になればいい。

既にあるという意識であるなら、
鏡を見たり預金通帳を見ても、いちいち気にしないはず。
そのうち変わってるだろう、と思ってスルーしてしまうくらい気楽なはず。

大切なのは、目に見えるものではなくて、意識のほう。

現実を見て打ち砕かれたり、結果を求めているうちは、
まだ意識が変わってない、みたいに考えればいい。



641 : 幸せな名無しさん :2015/06/12(金) 11:30:06 6Yrl.usA0

>>635
>>638さんも書いて下さっていますが、自分の内側よりも
外側に見えるものに焦点が当たっているように思います。

外側に見える「現実」に対してリアリティを取り除いていくこと、じゃないかなと。

自己観察さんが言うように、
外側に見えるものに対して決定権を与えたままだと、内側はいつまでも
叶ったと決定出来ずに「叶っていない」状態が続きます。

「内側での決定こそが現実をもたらしている」

というのを信頼できるようになれば、無理やり思い込もうとしなくても
「意図を取り下げない状態」でいられるのではないでしょうか。

「銀行口座の数字」という例えがありましたが、この数字すらも不確かなものです。
何もしないのに銀行口座や財布の中のお金が増えていた経験を持つ達人さんも
何人かいらっしゃいますよね。

この世界は毎瞬再構築されているので、
1秒前の財布の中身と今の財布の中身は繋がっていないと。

あと、有名達人の桑田さんが「桑田さん」と呼ばれるようになったレスを置いておきます。

「今朝起きて、自分(だと思ってる)の肉体があるのも、
いつもの煎餅布団で起きたのも、いつもの寝巻きを着ているのも全部創造した事です。

おなじみの肉体じゃなくて例えば元巨人の桑田みたいな顔になってたら
職場でどう言おうかなとか免許の書き換えが面倒くさそうだとか
それ以前に桑田の顔はどうなのかとか、様々な思考が意識的無意識的問わず
行われていて、結果チョイスしたのがおなじみの肉体という事です。

長々と書かせてもらいましたが、
このチョイスする領域に気付きましょうという事を言いたいわけです。」

「肉体をチョイス云々に関しては、
それに気づく事が出来れば今の肉体を変化させる事は結構簡単です。

さすがに明日の朝に顔が桑田や松井になっているとは言いませんが、痩せたり太ったりは簡単です。

肝心なのは自分の作品である今の肉体を否定しない事だと思います。
創ったのものはまず受け入れて、でも次は別の絵の具で肉体を描いてみようという認識です。」


2022.09.04